っくりさん
投稿者/遥


これは、遥が中1の時に体験した実話です。 その時@年生の間で『こっくりさん』が流行ったんですょ。 遥たちもいっつも放課後やってたんですけど いつもふざけた答えばっかで誰かが動かしてるなぁってかんじで全然本気にしてなかったんです。 何回かやってもう外は真っ暗になってた日がありました。 ムード的にもバッチリだしあと、1回やったら帰ろう〜とかでもう1回やったんですょ。 やっぱ、外は暗いし、誰かが動かしてる!!って思っても少し怖かったんですょ。 で、結構みんなしんみりしちゃってたら遥の隣でやってた子が 『こんなのうそだもん!!』 とか言って 手離しちゃったんです・・・ でも、遥とかまわりの子が 『やめなょ!!』 って素で言ってその子もちょっと驚きながら手を戻したん です・・・ 手を戻したあともなんてこともなく、普通にこっくりさんを続けてたんです。 でも、なんかその日は少し変だなぁってかんじがしてたんですけど 時間もあったし友達にもその事 は言わずにおいたんです・・・ そしたら・・・・手を離した子がいきなり泣き出したんです・・・ みんな、本当にびっくりして 『どぉしたの??』って聞いたら・・・・・ 『小指が・・・小指が・・・』って言うんです・・・ 小指?と思ってその子の小指を見ると・・・ 誰かにひっぱられたみたいにそっちゃってるんです・・・1人の子は『つったんだょぉ』とか言ってたけど その小指を押さえても強い力でそろうそろうとす るんです・・・ みんな、怖くなって先生に頼み、紙は燃やしてもらいました・・・ あれは、いったいなんだったんでしょうか・・・

戻る