い目
投稿者/MINGO


これは友達に聞いた話です。ある日、タクシーの運転手のNさんが1人の女性を乗せました。「どこまでですか?」と聞くと、女性はかなり山の方を言ったそうです。少し疑問に思いながらも、運転手は言われた方へ向かいました。 かなり山の中にきて女性が『ここで』と言うので、運転手は車を止めました。『少し待っていて下さい。』と言い、女性は車を降りて横道を奥へ行ってしまいまし た。しかし、どんなに待っても女性は戻って来ませんでした。運転手は車を降りて、女性の行った道を行きました。どんどん森の奥へ入っていき、一件の小屋を見つけました。来た道は一本道で、その小屋で行き止まりです。小屋に近付くと、小屋にはドアも窓もありませんでした。 かわりに壁に小さな穴を見つけました。 運転手がその穴を覗いてみると………中は真っ赤で何も見えませんでした。気持ち悪くなって、運転手は急いで引き返しました。翌日、運転手は同僚に昨夜の出来事を話しました。すると同僚はゾッとした顔をして言いました。 「その女の目…赤くなかったか?」 同僚の話によると、その女性の目は真っ赤で運転手が小屋を覗いた時小屋の中からは・・・女性が穴を覗いているのだそうです・・・

戻る